プリザーブドフラワーが傷んでしまった時の対処法

プリザーブドフラワーは時を止めたお花といわれますが、一切傷まないというわけではありません。残念ですが、日に焼けてしまったり、乾燥と共に花弁が割れてしまったりするということがあります。人気ある店で購入したものなどは、一部のお花の傷みで捨ててしまうのは勿体ないですから、対処法をご紹介します。


プリザーブドフラワーの花弁が割れたとき

主に花弁が乾燥すると、先端部分が割れてしまうこともあります。生花の花弁と同じようにお花の耐久性の面ではデリケートなので、飾っていて、気づかないときにこすれて破けてしまうというケースもあるそうです。この場合には、裂けた部分を花弁の形に合わせてカットしていく方法がお勧めです。お花は多くの場合、丸みを帯びた形となっていますから、この形を崩さないようにはさみを入れていきましょう。小さなハサミだと細かい部分も安心です。

【こちらもチェック♡ケースタイプで長持ちするフォトフレームデザイン


色移りの場合はお花ごと抜いてしまうこと

湿気などで色移りを起こしてしまった場合は、他のプリザーブドフラワーに影響を与えないうちに、できるだけ早く、色移りを起こしてしまった部分のお花だけを抜き取ってあげましょう。土台に刺してあるものなので、ゆっくりと引き抜くことが大切です。抜いてしまった部分は少し寂しくなるので、雑貨店などでアレンジメントに似合うオーナメントなどを買ってきて再アレンジを加えるのもいいでしょう。